学生ブログ

ひたすらリアルな映画

みなさん、こんにちは!トキカクの長谷川です。

先日,少しだけ時間が空いていたので何か映画を見ようと思ってレンタルしてきました。

 

【桐島、部活やめるってよ】の原作者である朝井リョウの就活映画

 

 

2016年10月15日公開しており、少し前の作品ではありますが

 

これから就活を控える僕にとって何か得るものがあればと思って!!

 

性格考え方がバラバラな5人

 

二宮拓人(佐藤健)〜主人公〜

冷静分析系男子、人を斜めから見ることが得意、就活2年目

twitter(sns)が大好きな男子

実は大きな秘密が・・・・

この秘密が今回の「何者」というタイトルに関係してくることに!!!

 

神谷光太郎(菅田将暉)

天真爛漫系男子、大学中バンドのボーカルをしていて、ちゃらんぽらんだが人から好かれるタイプ

理由があって出版社に就職を希望している

 

田名部瑞月(有村架純)

地道系素直女子

光太郎と付き合っていたが分かれてしまい、未練が残っている

親の事情があり、就職先は大企業志向になる

 

小早川理香(二階堂ふみ)

意識高い系女子

就職活動をすぐSNSにアップし、自分は頑張っているということをアピールしている。

留学を経験しており、グイグイ行動するタイプ

 

宮本隆良(岡田将生)

空想クリエイター系男子

「これからは個の時代」が口癖で就活のことをバカにしているが、こっそりと一般企業の採用試験に参加している

 

 

この中に2人が・・・・?

ネタバラシになりますが、この中に2人だけに内定が出て、会社に就職することができます。

 

なぜ就職できたのか!?

 

それがこの映画で伝えたかったことかなと思います。

 

先に内定がでてお互い気まずい関係になっていくところに就活のリアルさが僕自身見ていて「うわぁ・・・」って感じになりました笑

 

映画「何者」から感じること

 

ネットでこの映画のレビューを見たりしていると、”なんだかモヤモヤした”、”就活の深い闇を感じる”などとネガティブな表現がありましたが、僕は面白かったなぁと思いました。

 

それは、この映画が見ている人に深く考えさせる力があったからだと思います。

 

僕自身この映画から「自己表現」このテーマについて考えさせられました。

 

映画の中で出てくるセリフ

「10点でも20点でもいいから、自分の中から出しなよ。自分の中から出さないと点数さえつかないんだから。100点になるまで何かを煮詰めて表現したって、あなたのことをあなたと同じように見てる人はもういないんだって」

これがすごく響きました。頭で考えていても行動できない人は多々いるので・・

自分もその内の1人です笑

 

この世の中、本当に色んな考え方を持つ人がいるのでこの映画から色んな感想が出てくることが出てくると思います。

 

あなたはこの映画から何を考えるでしょうか?

 

あなたは「何者」なんでしょうか(笑)?

 

是非時間が空いていたら見てください!!

 

コメントを残す

*