学生ブログ

人と人を繋ぐボードゲーム

トキカクの河井です。

前回はNintendo Switchの記事を書いて、ゲームから得られる人との繋がりについて書きました。

トキカクは人と人とを繋ぐ組織。今回はテレビゲームからではなくアナログゲームから得られる人との繋がりについて書きたいと思います。

 

ボードゲームって?

まず皆さんがボードゲームって言われて思いつくものって何でしょうか?

普通の人は”ボードがあるゲーム”という意味合いから「人生ゲーム」だったり「将棋」や「オセロ」、海外のゲームを知ってる人だったら「モノポリー」、少し知っている人だったら「人狼ゲーム」などを思い浮かべるかと思います。

 

それらは全てボードゲームなんです!

そして今や世界には様々なボードゲームがあって今や何千、何万といった種類のボードゲームが存在するのです!

 

 

ボードゲームの魅力

ボードゲームの魅力はいっぱいあります。なぜ僕がこんなにもはまってしまったか?

魅力はたくさんありますが、その中でも僕がここがすごいと思える魅力をいくつかご紹介します。

・テーブルを囲んで顔を突き合わせてゲームができる

突然ですが皆さん、友人と笑いながらゲームしたのって最後はいつか覚えていますか?

皆さん意外と近くはないんじゃないかと思います。

大人になるにつれて単純に一緒にゲームする。という行動がとても減っていると思います。

その中でみんなで笑い合ってゲームができるボードゲームって貴重だと思うんです。

 

・幅広い年齢層で一緒に遊ぶことができる

先程も書いた通りボードゲームってとっても多くの種類があって、その一つ一つが違って遊び方も楽しみ方も違うんです。

大人が真剣にゲームを考察して遊ぶものもあれば、直感に頼って瞬発的に答えるようなゲームもあります。難しいゲームはもちろん大人の方が強いんですが、ルールが簡単なゲームって子供の方が強かったりするんです。寄る年波には勝てないってことですかね?若さには負けちゃいます(笑)

僕も子供とよく一緒にやるのですが、自分たちにはない発想、独創性があったりして感心しちゃいます。

 

・初対面の人でもすぐに仲良くなれる

これがボードゲームの一番すごいところだと思います。

ゲームってその人の人となりがとても出るんです。「この人はこうやって考えてこう発言してるんだな。」っていう感じにその人の考え方が伝わってきます

それにゲームをしてますから、基本的に笑顔でとても親近感が湧きますし、その後で「あのゲームの時は〜」なんて共通の話題ができて会話のきっかけにもなるんです。

 

実際に

僕はボードゲームを始めてから色々な知り合いができました。

その知り合いの中に、公民館や図書館などに関わりがある人がいまして「小学生向けのイベントとしてボードゲーム体験会をして欲しい。」とお願いされることがあります。

そして今回もその一つで、今日8月6日に僕は越前町のある図書館で小中学生向けにボードゲーム体験会のイベントをしてきました。

参加してくれた子達は同じ小学校出身ではありますが、お互いに面識が全く無い子がほとんどでした。

ですが、初めて会って一緒に遊んだとは思えないぐらいみんな仲良く遊んでくれていました。

子供だけでなく、保護者の方も一緒に夢中になって遊んでくれて、終わった後には「このゲーム息子も私も気に入ったから買うね!」と言ってくれる方もいらっしゃいました。

 

人と人を繋ぐ力がとても強いボードゲーム。

そんなボードゲームを皆さんにもぜひ楽しんで欲しいです!

人見知りで悩んでたりする人は一度ボードゲーム会に飛び込んでみたりすれば人と仲良くなる方法が分かるかもしれません♪

トキカクのイベントでもいつかボードゲームを利用して皆を繋げられるものができたらなと勝手ながら思っています(笑)

コメントを残す

*