学生ブログ

思い込みでチャンス見逃していませんか?

みなさん「谷底の神父」という話知ってますか?

私は、大学の講義でこの話を聞いて面白いと思ったので紹介します。

この話は人間の思い込みに関する話です。

この話で出てくる神父の思い込みを考えて読んでみてください。

 

谷底の神父

ある谷底に教会がありました。
そこにいる神父さんは、その教会に、
そして、その地域の為に、何十年と力をつくしていました。

ある時、数百年に一度という大洪水が、その教会がある地域にやってきました。
谷底には、どんどん水があふれてきます。

村人がその神父さんを助けにきて言いました。
「神父さん!!早く逃げましょう。今なら丘の上にいけば助かりますよ」
しかし、神父さんは

「大丈夫です。私はずっと神様を信じていますから、絶対に奇跡が起こります」

そういって、谷底の教会に残り、お祈りを続けました。

しかし、神父さんが祈っても、洪水の水は一向に引く気配がありません。
ついに、洪水の水は神父さんの足元まできました。

すると、ボートに乗った村人が神父さんを助けにきました。
「神父さん!危ないです!このボートに乗って逃げましょう!!」
と助けに来てくれました。
それでも、神父さんは

「いや、大丈夫です。必ず神様が助けてくれますから、心配しないでください。」

そういって、神父さんは屋根にあがり、お祈りを続けます。

いよいよ、水は教会の屋根の上まできました。

そこに村人がヘリコプターに乗り、縄ばしごを垂らしていいました。
「神父さん!!死んでしまうから、はしごにつかまってください!本当に助けたいんです」
しかし、神父さんは

「大丈夫です。必ず神様が助けに来てくれます」

と言って、助けを断ります。

その後、神父さんは亡くなりました。

 

引用 http://yogakko.com/library/valley/

 

 

 

 

みなさん神父の思い込みが何かわかりましたか?

 

 

 

 

 

神父のその後

何十年も神様にお祈りしていた神父さんは、天国の入り口で神様に質問しました。

「私はずっと神様のためにお祈りをしてきたのに、どうして奇跡は起きなかったのですか!?」

すると神様は答えました。

「三回も助けてやったぞ」

 

引用 http://yogakko.com/library/valley/

 

神父の思い込みとは?

神父の思い込みは「人の助けが神の助けではない」ということ。

神父は神が直接現れて自分を助けてくれると思い込んでいました。

しかし、神が村人を通して助けに来てくれていたのです。

 

みなさんはこの思い込みに気づくことができましたか?

自分の考えと合っていましたか?

 

合っていたあなたは思い込みに気づき別視点から物事を考えることができる人です。面白い企画やユニークな新製品のアイデアを手に入れることができるかもしれません。

合っていなかったあなたは自分の思い込みに気づかず、知らないうちに大きなチャンスを逃してしまっているのかもしれません。

 

 

自分の感想

 

私は「神が存在していること」が神父の思い込みだと思いました。

私は自分の思い込みに気づかず知らないうちにチャンスを逃しているみたいです。

自分の思い込みに気づくことは難しいですがチャンスを逃したくないので日常やトキカクのミーティングでも自分の思い込みを考えてそれが間違ってないかなど色々考えるようになりました。

 

コメントを残す

*