学生ブログ

中日ドラゴンズの2017年のドラフト評価

こんにちは!企画部の河井です。

突然なんですが僕、中日ファンなんです。

地元が愛知で昔から親とよく野球観戦をしてていつの間にか中日ファンに育て上げられていました笑

そんな根っからの中日ファンの僕が2017年の中日のドラフトについてファンなりの見解を書いていきたいと思います。

 

2017年ドラフト会議の目玉

今年の目玉と言ったらなんと言っても清宮選手ですね

高校通算の公式戦本塁打数が歴代一位と文句なしの逸材です

未来の侍ジャパンの4番になるべき男と言っても過言ではないと思います

今でいう筒香・中田選手のような勝負強いバッティングを是非プロで見せて欲しいですね

そんな清宮選手ですが、なんと7球団が1位指名

これは1995年の福留選手以来です

3球団競合などはよくありますが7球団ともなると本物の逸材なんだと感じます

 

そんな清宮選手に注目が行く中、中日が一巡目で指名したのは広陵高校の中村選手

谷繁選手が引退以降、正捕手問題をずっと抱えている中日だからこそ強肩強打の捕手が欲しかったんですね

ですが中村選手は地元球団の広島と競合してしまい、結果としては広島が交渉権を獲得しました

 

中村選手を外してしまった中日は1位指名2巡目でヤマハの鈴木選手を指名

最速157km/hのストレートを軸に力のある投球が出来る投手で日本代表の抑えも経験済みの即戦力の本格派右腕です。

鈴木選手もドラフト一位候補で競合が予想されていましたが運良く競合なしで中日が交渉権を獲得することができました。

 

中日のドラフト結果

鈴木博志 ヤマハ 右右
1回目入札 中村奨成 ×
2回目 交渉権獲得
石川翔 青藍泰斗高 右左
高松渡 滝川二高 右左
清水達也 花咲徳栄高 右右
伊藤康祐 中京大中京高 右右
山本拓実 市立西宮高 右右

 

特筆すべきはやはり高卒が多い点。ドラフト会議時点での指名選手の平均年齢が18歳を切るという…。

そんな将来を見据えたドラフトでありながらファンも首脳陣も満足できるドラフトとなっています。

 

2位の石川選手高卒No.1投手と言われるほどの投手

夏の甲子園には惜しくも出場は叶いませんでしたが全球団からスカウト調査がありドラフト1位で消えると予想されていましたがこれまた運良く中日が獲得することができました。

 

3位の高松選手はなんとベース到達までが3.5秒という脅威のタイム

なんとあのイチロー選手よりも足が早いんです!

走塁改革を掲げている中日にピッタリの選手です

 

4位の清水選手甲子園優勝投手

MAX150km/hのストレートとキレ味のあるフォークを持っています

日本代表にも選抜されていて、中継ぎとしての経験豊富で1年目から活躍が期待できます

 

5位の伊藤選手地元中京大中京の外野手

地元出身なので勿論中日ファン!指名された時の喜びは他選手の比ではなかったでしょうね

日本代表にも選抜されていて外野手の若返りを図っていきたい中日としては欲しかった選手

 

6位の山本選手は身長が低いながらもしなやかなフォームから力強い真っ直ぐが投げられる選手

スタミナがあり先発としての起用が予想されます

中日の先発事情は厳しいものがありますから1年目から是非ローテーションの穴を埋めて欲しいところです

 

以上が育成を除いた中日のドラフト指名選手でした!

 

僕なりの見解

個人的に今回のドラフトは80点だと思います。

とても良いドラフトだったのですが気になる点が2点だけ

 

1つ目は正捕手問題が解決していない点

中村選手を外してしまったのがとても痛かったですね

森監督の「別の手段を考えるしかないでしょう」というセリフから大野選手や炭谷選手のFAから目が離せないですね

特に大野選手は岐阜出身ということで獲得が予想されます

 

2つ目は指名投手に右投げしかいないこと

今リリーフの左腕が岩瀬・小川・岡田選手しかいない状態

若い左のリリーフが欲しい所でしたが右腕ばかりのドラフトとなってしまいました

 

この2つの問題が少し気になるところですがそれ以外のところはパーフェクトのドラフトと言っても良いんじゃないでしょうか

1位の鈴木選手、2位の石川選手、4位の清水選手は1年目からの1軍登板があると思うので今からシーズンが楽しみですね!

コメントを残す

*