学生ブログ

【EG】~あなたの特性を知る科学~

トキカク代表の海崎です。

突然ですが、みなさんは”エマジェネティックス”というものをご存知でしょうか?

私はこの”エマジェネティックス”通称”EG”に魅せられてしまった人間の1人です。

そして、このEGを知ってから、他者との関わり方に関して意識が変わるようになりました。

今回はこの”EG”について少しだけお話ししたいと思います。

簡単な心理テストを受けるような気持ちで読んでいただけると

ちょっと楽しめるのではないかと思います!笑

 

 EG(エマジェネティックス)とは?

”EG”について公式webページを見ると以下のように書かれています。

エマジェネティックスは遺伝と経験から成る人の個性をプロファイルを通して理解していきます。

 

エマジェネティックスでは人の特性は、 生まれもった遺伝的要素と成長していく過程での人生経験により形成されている と考え、これを脳科学の理論と40万人以上の統計で分析しています。

エマジェネティックスは4つの思考特性と3つの行動特性を表すエマジェネティックスプロファイルを通じて人を理解していきます。 このプロファイルを活用することで、個人や組織のコミュニケーション能力を飛躍的に向上し、自己理解、組織理解へと深めていきます。

引用 https://www.emergenetics.com/japan/emergenetics_explained/

 

なにやら小難しく書かれていますが、簡単に言うならば

”あなたはこういう人間だ”というものを科学的に導き出してくれるプロファイリングなのです。

あなたがどのような特性を持った人間なのかを統計的、科学的に知ることができます。

 

 EG(エマジェネティックス)の構成

EGでは、以下のように個々の特性を4つの思考特性3つの行動特性として定義しています。

 

それぞれどのようなものなのか紹介していきます。

思考特性

他人はあなたがどのように思考しているのかを、目で見ることはできません。

しかし数値化することで、少しでも思考特性、すなわち考え方を見えるような形にすることができます。

EGでは以下の4つに思考特性を分けています。

上記図のように円グラフで表され、4つを合わせて100%として分析の結果、23%以上の特性を”優性”としています。

  1. 分析型(青)
  2. コンセプト型(黄色)
  3. 構造型(緑)
  4. 社交型(赤)
1.分析型

分析型は理性的、探究的で明確な考え方をする思考特性です。

データ理論科学的根拠を好む傾向にあります。

物事を進める際に、根拠目的メリットといったものを優先的に考えるあなたはこの特性が強いのかもしれません。

2.コンセプト型

コンセプト型は想像力に富み、慣習にとらわれない思考特性です。

革新的で変化を好み、独創性が強い傾向にあります。

物事を進める際に、アイデアが直観的に浮かんだり、飽きっぽかったりするあなたはこの特性が強いのかもしれません。

3.構造型

構造型は細かい点まで目が行き届き、現実的で秩序だった物事の考え方をする思考特性です。

ルール慣習を好み、変化を嫌う傾向にあります。

物事を進める際に、細かく計画を立てるのが好きだったり、何事にも保守的であるあなたはこの特性が強いのかもしれません。

4.社交型

社交型は人と関わることが好きで、協調性があり感情移入が得意な思考特性です。

チームワークを好んだり、他人との関わりを大いに気にする傾向にあります。

物事を進める際に、内容よりも人との関わり人の考え方を重要視するあなたはこの特性が強いのかもしれません。

行動特性

他人がまず目にするのは、あなたの行動特性です。

その行動特性を数値化することで、他人と比べて自分がどの程度行動的なのかをはかることができます。

EGでは以下の3つに行動特性を分けています。

下記図のように0に近ければ左寄り真ん中、100に近ければ右寄りと評価します。

 

  1. 自己表現性
  2. 自己主張性
  3. 柔軟性
1.自己表現性

自己表現性は、あなたが周囲に対して自分の考えや感情をどれだけ表現したいかの度合いを表します。

すなわち、感情を他人や世界に対して発信したいエネルギーの強さです。

左寄りのあなたは”もの静か”で語り手よりも聞き手

真ん中のあなたは”控えめ”で活発までとはいかないが、主張もできる

右寄りのあなたは”活発な表現”で賑やかで目立つ

という傾向にあるでしょう。

FacebookやTwitterなどのSNSの投稿が好きなあなたは右寄りかもしれません!笑

2.自己主張性

自己主張性は、ひとつの物事に対してあなたがどれだけ主導権を握りたいかの度合いを表します。

すなわち、自分の考えを他人に受け入れてほしいと感じるエネルギーの強さです。

左寄りのあなたは”平和的”で基本的には人の決定に従う

真ん中のあなたは”対抗してみる”で従うこともあるが、主張もできる

右寄りのあなたは”主導したい”で常に自分が主導権を握っていたい

という傾向にあるでしょう。

友人たちと食事に行く際、自分が店を選ばないと気が済まないあなたは右寄りかもしれません!笑

3.柔軟性

柔軟性は他人の考えや行動を受け入れようとする意思の度合いです。

すなわち、異なる考えや状況、行動を受け入れるエネルギーの強さです。

左寄りのあなたは”ブレない”で意思決定をし、根気強い

真ん中のあなたは”適応できる”で意見を時と場合で変えることができる

右寄りのあなたは”変化を好む”で物事の変化や人の意見にすぐに適応する

という傾向にあるでしょう。

新しいiPhoneが出た際に、すぐに購入してしまうあなたは右寄りかもしれません!笑

 EGから得られるもの

ここまで読んでいただいたみなさん、どうでしょうか?

自分の特性が少しは掴めたのではないでしょうか?

自分はこの特性が強い、または弱いというものがそれぞれ見つかったと思います。

EGは自分自身の強みがなんであるかを理解するためのものです。

弱いからダメだ劣勢だからダメだというものでは決してないのです。

私が考える、EGから得られるものは、”自分らしさ”です。

優性、劣勢含めて、”自分らしさ”である思っています。

そしてこの”自分らしさ”他人と共有することに意味があると思っています。

 

十人十色とはよくいったもので、人の数だけ考え方があり、それに基づいた行動があります。

あなたと人との関わりの中には、嫌いだ気にいらない合わない、といったものはきっと出てくるものでしょう。

他人がどのように考え、行動しているのかについてすこしでもEGを意識してみることで、その人間関係が変わるかもしれません。

そして私はそのようにこのEGが使われていくことを願っています。

この記事を読んで、もっと詳しく知りたい!正式にEGを受けたい!と思っているくださった方がいらっしゃればこちらからどうぞ↓

 

公式Webページ

https://www.emergenetics.com/japan/

 

最後になりましたが、私のEGをみなさんと共有したいと思っています。

すこしでも私の”わたしらしさ”を理解していただければ嬉しいです。

コメントを残す

*