学生ブログ

【ガソスタ店員が教える】正しい車の知識~エンジンオイル編~

 

こんにちは!トキカク代表の飯田です。

突然ですが、皆さん車のエンジンオイルって最後にいつ交換しましたか?

私はガソリンスタンドでアルバイトしているので、学校で車のことについてよく聞かれます。

そこで思ったのですがみなさん車の知識がなさすぎると危機感を覚えました。

特に普段車を使っている人は、しっかりと知識を見につけないとある日突然車が壊れた・・・なんてことになりかねませんよ!

今回から私の記事では2~3記事ぐらいにわたって知っておいてほしい車のことについて書こうと思います。

今回は【オイル編】です。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割は

①潤滑作用

②冷却作用

③洗浄作用

④密封作用

⑤防錆作用

の5つがあります。

これだけ書いてもよくわからないと思うので順に詳しく書いていきますね。

①潤滑作用

車のエンジンは内部で金属の部品が動いており、部品が動くことで車が動く力が生まれます。当然金属同士なので擦れあって摩耗し傷んでしまいます。

それを防ぐためにエンジンオイルをエンジン内にいれておくことで、部品同士が擦れた時の摩耗などを防ぐことができます。

もしエンジンオイルがなければ部品同士が擦れてすぐエンジンが壊れてしまいます!

②冷却作用

車をある程度走らせた後にボンネットを触ると熱くなりますよね!エンジンでガソリンを燃やしているため当然エンジン内は熱を持ちます。その熱を吸収するのもエンジンオイルの役割です。

熱が吸収できなければエンジンはオーバーヒートして壊れてしまいます。

③洗浄作用

 

エンジン内部はガソリンを燃やしているため、燃えカスやエンジン内部の金属のゴミなどが出てしまいます。

その汚れを取り除くのもエンジンオイルの役割です。

エンジンオイルを交換してしばらく経つとオイルが汚れてしまうのはこの洗浄作用によるためだと言えます!

④密封作用

 

これはちょっと難しいので簡単に説明します。

エンジンはエンジン内で爆発を起こしてその爆発のエネルギーを動力に変えています。

この時に、爆発のエネルギーを外に逃がさないようにするのもエンジンオイルの役割です。

⑤防錆作用

エンジンは金属でできているため当然水がついたり、空気に触れると酸化したりして錆びてしまいます。

エンジンオイルがあることで、金属がコーティングされ錆を予防します。

 

オイルっていつ交換すればいいの?

オイル交換をする際の目安は様々なことが言われており、どれを信じればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

私が推奨するオイル交換をする際の目安は6か月または走行距離が3000km~5000kmです!

走行距離1万kmや1年に一回でいいという人もいるようですが私はオススメしません。

オイルが古かったり、劣化しているとそれだけ上で上げた5つの性能も落ちていくからです。

エレメントとは?

たぶんエンジンオイルを交換しに行ったときに、エレメント交換どうされますか?と高確率で聞かれると思います。

エレメントとは簡単に言うとフィルターです。お茶を入れるときに使うこれと一緒な役割です。

お茶を入れるときはここに沸かしたお茶をいれて不純物であるお茶っ葉を塞き止めますよね。

オイルも同じでエレメントというフィルターでオイルを濾過して洗浄します。

当然フィルターですのでずっと使っていると、フィルターにひっかかる不純物が多くなって濾過ができなくなっていきます

そうなったら当然交換しなければいけないですよね!

私が推奨するエレメントの交換の目安はオイル交換時の2回に1回もしくは1万kmが目安です。

最後に

これまでの説明でエンジンオイルが車でいかに大事な存在か分かったと思います。

車が走るにはなくてはならない存在、縁の下の力持ちなんです。

オイル交換半年以上してないな~、前回のオイル交換から5000km超えてるな~って方は是非早めにオイル交換してくださいね!

次のブログではこれからの季節に活躍する【スタッドレスタイヤ】について書こうと思います!

 

 

 

 

 

コメントを残す

*