学生ブログ

人と人が出会うこと

こんにちは広報担当の鈴木です

今回は自分の学校でのゼミの活動で神奈川のほうへ行っていました。

自分の所属するゼミでは経営学を学びそれをかつ中小企業の戦略の発表に結びつけることで、より実践的な勉強を行っています。

合宿では発表だけでなく、現地の経営者の方々との交流もすることでより様々な価値観と出会うことができました。

トキカクは企業と学生をつなぐ組織。今回の合宿を通して出会いによって得られたものについてみていきたいと思います。

 

視点を多く持つこと

自分は今回戦略の発表が主だったため、より経営をする立場となった考えを持つことが大切となっていました。

今まではアルバイトとしての従業員サイドの考え方しかもっていなかったものを経営者サイドから考えることで見える世界、考える視点はぜんぜん変わってくることがわかりました。

また、経営者の方から聞いた視点の話についてとても納得のいくものがひとつありました。

 

皆さんは歴史の勉強をする中で戦争に対して、他国に対してどういったイメージを持っていますか??

 

きっとそれぞれが違った価値観を持って歴史を見ていると思います。

そして、その違いは国を超えるとさらに大きくなります。

そうやってそれぞれの知識を合わせ持った人が出会い、交流することで違った視点を発見し、カルチャーショックが生まれます。新しく見つけた価値観を元に自分を見直すきっかけになる、これが海外との交流で生まれる大きな価値となるのです。

 

○○を大切に

もうひとつ、交流会の中で色々な経営者の方とお話させていただきましたが、皆が口をそろえておっしゃっていたことがあります。

それは「縁」の大切さです。

生まれてから今まで家族や友達、仲間など、今こうやって自分が生きてこうやって成長していく中で数え切れないくらい多くの縁があります。

社会に出ても会社の同僚や取引先の方との縁、きっと今まで以上に増えていくのではないかと思います。

「環境が人を作る」といったことがよく言われる中で、自分がどんな出会いをするか、どういった人と関わっていくかで環境は変わり、考え方や行動にも違いが現れていくのです。

 

人との出会い方

自分もより様々な出会いから多くの視点を持てるようになり、そこから生まれた「縁」を大切にしていきたいと思えるいいきっかけとなりました。

いま、SNSも普及している今の時代、出会い方の形は様々となっています。

そのひとつとして、トキカクでは企業と学生をつなぐ、そこから新しい視点や新しい縁がたくさん生み出されるように、活動していけたらなって思います!

コメントを残す

*