学生ブログ

冬に快適な睡眠をするには

こんにちは

トキカクの中西です。

皆さん近頃夜がとても寒くなってきましたね。

皆さんは夜暖かく快適に寝るために何か工夫をしているかと思います。

その工夫の一つに

布団の上に毛布をかける

毛布の上に布団をかける

の二つ勢力があると思います。

 

今回はどちらが快適な睡眠ができるのか

調べてみました。

 

暖かいだけでは質の高い睡眠ができない!

質の高い睡眠を取るためには

ただ暖かいだけではダメなようです。

質の高い睡眠には寝床内気象が大切になってきます。

 

寝床内気象(しんしょうないきしょう)とは?

 

素肌にシャツを着ると、肌とシャツの間に空気の層ができますよね。それと同じように、からだと寝具の間にも小さな空間ができます。この空間の温度や湿度のこと

http://www.nishikawasangyo.co.jp/sleep/knowledge/10.html

 

理想的な温度は33±1℃、湿度は50±5%となっています。

 

快適な睡眠のためには

快適な睡眠のためには理想的な寝床内気象である

温度は33±1℃、湿度は50±5%となるように室温によって

毛布を使い分けて行くといいそうです。

http://www.nishikawasangyo.co.jp/sleep/knowledge/10.html

 

また暖かく寝たい人は布団を上に毛布をかけると

暖かくして寝ることができます。

 

最近では第3勢力として毛布を体の下に引いて寝ている人が増えているそうです。

 

まとめ

皆さんも冬に快適な睡眠をするために

室温によって毛布の掛け方を変えてみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*