学生ブログ

福井の学生と企業とを繋ぐ企画ミーティング[10/2] 就活についての談義

 

今日の会議内容

企画部の河井です!

もうイベントが間近になってきましたが今日は会議というよりメインはとある会社の部長さんと就活についてのお話でした!

 

就活についての談義

今日来て下さった方(以下Aさん)はある会社の部長をやっていらっしゃるとても偉いお方です。

Aさんが考える取りたくない人材についてや出来る人間とはどういった考えをしているのかを教えて頂きました

 

取りたくない人材とは

  • 説明会などで「福利厚生は?」「残業は?」「食堂はありますか?」など聞く学生

学生側からしたら残業がなく良い福利厚生の環境で働きたいのは分かるのですが、これを説明会で聞いても余りにもためにならないのではないかと僕も思います。。。

働く環境は大事ですが、自分が長く働ける所はそんな質問では見つけ出せないと思います。

最後の質問に関してはしょーもなさすぎて笑ってしまいました笑

 

  • 会話をしている時に目を見て話せない人

相手の話にフィードバックをしている際に目を見ていない人は話を聞いていない。との事でした

当たり前ですが人と会話する時は目を見て話しましょう

 

  • 自己PRをしても話が薄っぺらい人

「学生時代に○○をしていました!」といった話をされてもストーリーや情景が見えてこないことがあるそうです。

本当に本気でやっていたことなら背景が見えてくるけれど、盛られた話だとどうもそれが見えないとのことでした。

すごいエピソードを話したいのは分かりますが盛ったエピソードを話しても逆に質問された時に答えられなくなって墓穴を掘ってしまいかねません

まとめると「話を盛るなら1.2倍までにしろ!」

 

出来る人間の考え方

Aさんは10年足らずで部長職にまで上られた方です。

そんな出来る人間の考え方をご紹介します!

 

  • ゴールと期間設定

何をするにしてもまずは目標を決めること

何を達成したら終わりなのか、それを達成するまでにどれだけかけるのか、それをするために何が必要なのか

ゴールと期間を決めることでゴールに至るまでの手段などが次第に見えてきますね!

 

  • 細かいシミュレーション

具体的に数字のシミュレーションを行うこと

世の中はお金で回ってますから何をするにしてもお金が要りますね

自分たちの人件費であったり各種費用であったり

利益を出すにはきちんとした計画が必要なのです

 

最後に

僕達は今日とても貴重なお話を聞くことが出来ました

その中でもいろんな学生に伝えたいと思ったことを僕がまとめさせて頂きました

 

僕もですが、人は皆出来ないよりは出来る側にいたいと思うんです

そのためには今ここに書いたことを是非皆さんに覚えておいて欲しいんです

けれどこの考え方を知ってもすぐに出来る人間にはなりません

一番大事なのは失敗してもまた成功するまで努力をし続ける情熱です

コメントを残す

*