学生ブログ

「二次会○○○○行こうぜー」に億劫なみんなへ

どうも、長谷川です

 

今回は二次会と言えば定番であるこの話

 

 

 

!!

 

 

 

僕はカラオケが苦手で、ハイトーン(高音)部分が特に出ません(泣)

頑張って歌うと喉部分に力が入ってしまい、疲れたり、苦しそうな声になったり、しょうがなくキーを一つ下げたり・・・

選曲は低めな声のアーティストに絞ったりと大変

普段聞いているのは、ガンガン高音歌ってる歌手なのに笑

◯代目J soul とか、◯ack number、Mrs. ◯REEN APPLEとか

 

 

自分の好きな歌手を楽に綺麗に歌えたら最高に気持ちいいはず!!

 

 

知人の話では、カラオケの上手い男は2.5倍カッコよく見えるとか笑

 

今回はそんなハイトーンが出ない!!という同志に僕が調べたことをちょこっと紹介

 

アーティストはみんなこの発声を使ってる

 

 

ミックスボイス

 

ミックスボイスとは!!

 

 

 

 

 

地声裏声をミックスした声です

 

 

 

 

 

こうやって聞いてなるほどな!と思った人は天才です笑

 

人間の地声の音域は限りがあります

どんなにトレーニングしても絶対に出ない音域に辿り着きます

そこで裏声の登場です

みんなの知ってる裏声だと力強いというイメージよりは綺麗な透き通ったイメージの方を認識してると思います

友達とカラオケといったら「あ、裏声使ってるな。でもそこは声を張り上げて盛り上がるような部分なのに」というシーンに遭遇すると思います

「ミックスボイス」は、簡単にいうと裏声の発声で地声よりさらに高くて力強い高音を出す方法というものです

*あくまで僕の解釈です

 

 

ミックスボイスの出し方

 

ミックスボイスの出し方は正直いうと諸説が様々あります

 

僕ができそうだと思ったのはこの方法!!

 

裏声から近づける

 

①ファルセット(弱い裏声)を出す
いつも使っている、ゲゲゲの鬼太郎の目玉オヤジみたいな声のやつです
②ヘッドボイス(強い裏声)に切り替える ※声帯を閉じる
ここでいう声帯を閉じるという感覚はエッヂボイスで得られます。

エッヂボイスは呪怨って映画を見たことある方はわかると思うんですが「あ″あ″あ″あ″あ″」って幽霊が出す、あの声の出し方です。

ちょっとモノマネしてみれば出せると思います

 

 

③「閉じてる部分」を更に下に持っていく ※喉を開く

 

喉を開くという言葉はミックスボイスについて調べているとよく目にします。

「喉仏を下げる」とも言われます

 

喉仏を下げる感覚は、あくびをしているときの口の形です

喉仏を触りながらあくびをすると喉仏がすごく下がってるのがわかると思います

 

下げすぎには注意です

 

④声帯を少しだけ緩ませる

 

最後に少しだけ声帯をリラックスさせて声唇も振動させることで、地声感を出します

緩ませ過ぎると閉じていた声帯が開いて振り出しに戻ってしまうので、やりすぎはNGです

これでミックスボイスの完成です。

 

参考: http://karaoke-kaitaisinsyo.jp/mixvoice-dasikata-kotu/

 

 

youtubeで探してみて一番分かりやすかった人はこの人です!!

 

 

もしこの話を見て面白いなと思った人はどんどん調べてみてください!!

ただミックスボイスは短時間で簡単にできるものではないみたいです

根気よく練習する必要がありそうです

 

最後に

 

今回はミックスボイスについてメインで話しましたが、発声は奥が深くて、腹式呼吸や「ミックスボイス」よりさらに高音部分「ヘッドボイス」などなど、調べれば調べるほど色んな要素が出て来ます

 

僕自身も沢山練習してハイトーンの歌が歌えるようになることを夢見てます

 

けれど最後に言いたいことは一つ・・・

 

 

 

 

 

 

カラオケは楽しんだもん勝ちです(笑)

コメントを残す

*