学生ブログ

これであなたもプロゲーマー!?ゲーミングマウスを選ぶポイント

こんにちは!トキカク企画部の今井です!

最近は寒くなり、家にいることが多くなり趣味のFPSのゲームをする時間が増えました(笑)

そこで今日はゲームで使用するゲーミングマウスについての選び方を紹介したいと思います。

 

ゲーミングマウスとは

ゲーミングマウスとは、普通のマウスと違い、ゲーム操作をより繊細に高速に行うために、動きの反応速度や精細さ、形状、ボタンの数などが最適化されたマウスのことです。

また、様々な機能を自分に合わせて設定することができます。今回は簡単のため以下の3つを紹介します!

DPI

DPI(Dots per Inch)とはマウスの場合、センサーが1インチ動いた時に、画面上のカーソルが何ドット分動くかの基準になります。例えば1000DPIの場合、1インチマウスを動かすと画面上で1000ドットカーソル移動するということになります。

つまりは同じ速さでマウスを動かしてもDPIが低ければ画面上ではゆっくり動き、DPIが高ければ画面上で速く動くといったものです。

最高DPIまでの数値をどれだけ細かく設定できるか、が使いやすさの肝になります。

ポーリングレート

ポーリングレートとは、「1秒間にマウスの操作情報を何回パソコンへ報告するか」の数値であり、応答速度などとも言われます。
例えば1000Hzと表記されている場合は、1秒間に1000回の情報を送っているということになります。

リフトオブディスタンス

リフトオブディスタンスとは、マウスを持ち上げたときにマウスのセンサーが反応しなくなる距離のことです。マウスを動かしている際、マウスがマウスパッドの端へ到達したときなどは,マウスを持ち上げて中央付近に戻す動作が必要となるのですが,このときリフトオフディスタンスが短ければ,それほど大きく持ちあげなくてもマウスポインタが反応しなくて済むことになります。

つまりはこの数値を小さくできるほど、軽く浮かせた状態でのマウス位置調整が可能となります。

 

 

この他にもいろいろ設定することができ、自分に合った設定を見つけることが重要となります。

ゲーミングマウスの選び方

ゲームで最大のパフォーマンスを発揮するためには自分に合ったゲーミングマウスを選ぶ必要があります。とはいってもたくさんあるしどれを選べばいいか分からない・・・

といった場合の僕が思う1番のポイントを紹介します!

マウスの大きさ、形

個人的にゲーミングマウスを選ぶ際に一番重要なのがこれ。

どんなにいい機能が備えられていても持ちづらく、動かしにくければ高パフォーマンスを発揮することができません。

どの大きさのマウスを選べば良いか、1つ基準にしたいのが自分の持ち方。

マウスの持ち方は大きく分けて3種類あります。

かぶせ持ち(Palm grip)

「かぶせ持ち」とは手のひら全体でマウスをホールド(保持)し、大きく・速く動かすことに長けた持ち方です。

また、マウスの保持点が多いため、長時間作業していても疲れにくいのもメリットです

つかみ持ち(Claw grip)

「つかみ持ち」は指先と手のひらの一部でマウスをホールドし、高速でクリックすることに長けた持ち方

指先の微妙な感覚を直接マウスに伝えることができるため、比較的細かいマウスコントロールが得意

つまみ持ち(Fingertip grip

「つまみ持ち」は、ほとんど(もしくは完全に)指先のみでマウスをホールドする持ち方です。

前述の「つかみ持ち」よりもさらに精密なコントロールが可能

加えて、指先のみでマウスをコントロールすることで、俊敏性に優れています

 

より快適な操作を目指して!~持ち方別・マウス選びのポイント~   forPCActionGamer Wiki

かぶせ持ち→つかみ持ち→つまみ持ちの順でマウスの大きさは、大→小が使いやすいイメージです。

ちなみに僕の持ち方は、つかみ持ちとかぶせ持ちの中間くらいです(笑)

 

マウスの形には大きく分けて左右対称か左右非対称化の2種類があります。

左右対称

左右対称マウスのメリットは右利き・左利きどちらでも使えることができ、非対称のマウスに比べて癖が少ないです。
また、サイドボタンも左右両方についていることがあります。
一般的につまみ持ちに適しているとされています。

左右非対称

反対に左右非対称マウスのメリットは手の形に馴染むというところです。
そのため、手に馴染まないとかなり使いづらいです。
多くの場合サイドボタンは左側のみにしか設置されておらず、右手で操作するように作られているものがほとんどです。
一般的にかぶせ持ちに適しているとされています。

【ゲーミングマウス】ゲームで勝つためは?【マウス偏】

個人的には左右非対称の方が使いやすいですが、人それぞれです。

 

以上がゲーミングマウスの大きさと形を選ぶポイントとなります。

ですが実際に触ってみないと使いやすいかどうかは分かりません。。

僕も買ったはいいものの、手に合わずほとんど使ってないマウスがいくつかあります(笑)

都会にはゲーミングマウスを実際に触ることができるお店があるので、そこで手に合ったものを探すのもいいかもしれません。

 

その他にも選ぶポイントとしてはサイドボタンの位置や数、有線か無線か、機能や設定の細かさなど様々あります。今回は大きさと形をピックアップしました。

ぜひゲーミングマウスを買う機会があれば参考に!

 

 

ちなみに僕が今使っているゲーミングマウスがこれ。

ロジクールのg403です

DPIは50刻みで200~12000まで変更可能、ポーリングレートは125,250,500,1000から選択可能。

マウスの大きさはそれほど大きくなく、形は左右非対称です。

いくつかゲーミングマウスを持っているのですが、これを使っている理由はやはり自分の手に合っていて持ちやすいからです!

 

 

今回はゲーミングマウスを紹介しましたが、自分が趣味で使っているモノにはこだわりを持ちたいですよね!

今日も寝不足にならない程度にゲームを。。。(寝不足)

コメントを残す

*