学生ブログ

間違いなのに納得!?細心の注意で見破れ!

 

こんにちは!トキカクの今井です

先日、いつものように寝る前にスマホ見ていておもしろい話を見つけたのでご紹介します

 

アキレスと亀

アキレスと亀」という話は、紀元前5世紀に活躍した哲学者ゼノンによるパラドックス(逆説)

足の速いアキレスが、足の遅い亀に追いつくことが出来ない。というお話です

 

まず、アキレスの前方を亀が歩いており、アキレスが走って亀を追いかけたとします。

アキレスが亀に追いつくためには、まず亀がいた地点A1に到達しなければなりません。

亀がいた地点A1にアキレスが到達すると、亀はそれよりも少し進んだ地点A2まで移動しています。

さらに亀がいた地点A2にアキレスが到達しても、亀は再びそれよりも少し進んだ地点A3まで移動しています。

そこでまた亀がいた地点A3にアキレスが到達しても、亀は再びそれよりも(中略)

(中略)・・・そこでまた亀がいた地点A100にアキレスが到達しても、亀は再び(以下略)

引用: http://atarimae.biz/archives/5584

このように無限に繰り返すことができ、いつまで経ってもアキレスは亀に追いつくことができないのです

 

・・・・・あれ?

明らかに追いつかないというのは間違いなはずなのに、追いつかないという説明に納得してしまう・・・

 

 

さて、あなたはこの話の間違いに気が付きましたか?

 

 

解説

アキレスと亀の話で間違っているのは、何が無限に繰り返しているのか、という点です

アキレスと亀の話は、アキレスが秒速1m・亀が秒速0.1mと考えると分かりやすいです。

スタートから1.9秒後、アキレスは1.9m地点・亀は1.99m地点(=A1)にいたとします。

スタートから1.99秒後、アキレスは1.99m地点(=A1)・亀は1.999m地点(=A2)にいます。

スタートから1.999秒後、アキレスは1.999m地点(=A2)・亀は1.9999m地点(=A3)にいます。

引用: http://atarimae.biz/archives/5584

この話は1.999999…秒後と無限に繰り返すことができます

そしてアキレスは亀に何秒後に追いつくか、というと2秒後に追いつくのです

つまりアキレスが亀に追いつく前の時間を無限に分割していたため、追いつくことができなかったのです

「1.99→1.999→1.9999…と話は無限回続く」という回数の無限と「いつまで経っても」という時間や距離の無限を混同しているのが問題だったのです

 

まとめ

みなさん、見破ることができましたか?

僕は最初にこの話を見たとき、

あれ?明らかに追いつけるはずなのに?確かに追いつけないぞ?どうしてだ???と悩んでしまいました(笑)

僕がおもしろいと思ったのは、明らかな間違いでも相手を納得させることが出来るということ。そして相手も間違いであると分かっているのに納得してしまう、ということです。

 

話をする際、自分の思い通りに相手を納得させる話の盲点を突く、といった事が出来るようになると楽しいかもしれません

また、相手から盲点を突かれないよう、僕みたいな人はしっかり考えて注意深く話を聞かなければいけませんね!(笑)

 

とはいえ、常に注意深く考える。ということは何事にも大切ですよね

私生活、トキカク、常に注意深く考えて進めていこう!と改めて思えた話でした!

コメントを残す

*