学生ブログ

インターンシップで感じたSEの仕事

先日、某IT系企業に1日インターンシップ体験させて頂きました。

情報系の学部にいながら実際にSEやPGがどんな風に働いているか全然知らなかったので、色々勉強させて貰おうと思って行ってきました!

僕にとっては初めてのインターンシップでとても緊張しました…。

 

SEって?

SEとはシステムエンジニア(SystemEngineer)の略称です。
一般的には「プログラムをガリガリ書いている人」というイメージを持たれている事が多いと感じます。

ですが、プログラムを書くのはPGという役職が担当します。

PGはプログラマー(Programmer)の略称です。

 

では、SEって何をするの?と思われるかと思います。

 

まずIT系が仕事を請け負う手順を簡単に表すと、

①お客様の発掘・システムの提案・受注

最初は営業から!これがないと始まりませんよね。

 

②お客様の要求をヒアリング・要件定義

お客様の要望をしっかりと聴く!

 

③仕様書の作成

お客様の要望をしっかりと形に起こす!

 

④仕様書をPGに指示、説明

実際に作るPGに仕様書や完成イメージを伝えます。

 

⑤開発

PGが仕様書にもとづいてプログラミングします!

 

⑥テスト・デバッグ

ちゃんと使えるか?どこかにバグがないか?をチェックします。

 

⑦客先に導入、使い方の説明

実際にシステムをお客さんのところに導入して使い方を教えてあげます。

 

⑧お客さんのトラブルに対応

サポート業務 アフターケアもしっかりと!

 

これがIT系企業のざっくりとしたお仕事の請負の流れになります。

この中でもSEは②③④⑦⑧の仕事をこなすんです!

 

つまり、お客さんからの要望をしっかりと聞き、それをプログラマに説明、出来上がったものをまたお客さんにお渡しする仕事なのです。

ズバリ、SEは「営業とPGの橋渡しをする」重大な役目なのです。

 

SEの最も大事な能力

SEは「営業とPGの橋渡しをする」重大な役目

色々な能力が要求されます。

 

お客さんの要望を実現可能かどうか見極める能力

お客さんの要望を仕様書に落とし込める理解力

それをプログラマーに齟齬なく伝えられる説明力

お客さんの問題に対処する対応力などたくさんの能力が求められます。

 

これらを通じると、SEは常に人と関わっています。

そして、それを他人に伝えることが要求されるのです。

つまり!SEはコミニュケーション力が本当に大事なのです。

 

僕が感じたこと

僕はSEはコミニュケーション力が大事というのは聞いたことはありましたが、それでもデスクワークが多いと思っていました。

実際にSEの仕事を聞いてみて人と関わることが想像していたよりも多いのでコミニュケーション力を鍛えないといけないなと思いました。

 

僕は人と話すことがとても好きなのですが、聞き上手ではないので相手の良さをうまく受け取れないことが多いです。

将来のためにも、これから人と会話する時に、相手が何を伝えたいか?相手の良さはどこにあるのか?どうすればそれを引き出せるのかを意識して更にコミニュケーション力を高めたいと思います!

コメントを残す

*