学生ブログ

タイ最終発表 in高志高校

 

こんにちは!トキカク企画部の今井です!

先日、高志高校にて、8月タイに短期留学した際の調査内容について発表してきました。

高志高校の生徒さんの中には、来月にタイで調査を行う生徒さんもいるようで、今回は特に高校生に調査方法や流れを主に伝えるため発表を行いました。

発表内容について

僕たちの班は、日本の電気製品のタイでの生き残り方について調査発表を行いました。

タイの学生と共に現状調査として現地の学生にアンケートをしたり、実際にタイの家電量販店に足を運びそこで日本と海外の電気製品を比べ、家電量販店の店員に質問したり、日本では知ることが出来ない情報を現地で調査しました。

実際に、調査を行っていくうちに、初めの予想とは異なる結果など”新たな気づき”を現地で得ることができました。

 

高校生は皆、真剣に話を聞いてくれて、僕たちが行った調査方法や流れについて理解してもらえたのではないかと思います。

タイで困ったこと

調査発表の後に、1人ずつタイで困ったことについて笑い話も交えながら話しました。

僕が一番困ったことは

腹痛です。。。

2週間滞在していたのですが、ほぼ毎日腹痛で朝目覚めることが多かったです(泣)

タイの食事はおいしかったのですが、なぜか毎朝腹痛に、、、

お腹が弱い方は胃薬など持ったほうがよいとアドバイスしました。

まとめ

久しぶりに高校という空間に入り高校生の輝かしい表情を見ていると、とても懐かしく、また新鮮な気持ちになることが出来ました!

 

実際に現地に行かなければ分からないことや感じられないこと、高校生には現地での”新たな気づき“を大切にしてほしいと思います。

それとお腹が弱い方は胃薬も忘れずに!(笑)

 

タイでの短期留学で学んだこと、経験したこと、活かしてこれからも日々成長していきたいです。

コメントを残す

*