学生ブログ

ワクワークで見た福井の中小企業

トキカク代表の飯田です。

9月14日(木)に福井県中小企業団体中央会主催のワクワークというイベントに参加してきました。

このワクワークというイベントは、福井県内にある“わくわく”するような取り組みをしている企業を訪問・見学するツアーです。

福井の中小企業

浜本テクニカルさんと、清川メッキさんの2つの会社の紹介をしてもらったり、工場見学をさせてもらいました。

どちらの会社も技術力が高く、日本全国だけでなく海外のお客さんも多くいて海外に送るための商品も作っていました。

大手企業や、都会の企業でなくても福井から世界を相手に取引ができる会社はたくさんあると思います。

私たち福井に住んでいる学生が、そのような会社を知らずに就職活動をすることはもったいないなと思いました。

このようなイベントがこれから増えればいいなと思います。

新しい視点

今回のワクワークに参加して印象に残ったことがあります

清川メッキ株式会社を訪問した際に、専務から将来どのように仕事を選ぶといいかという話をされました。

ワクワークに参加していたほとんどの学生が自分の興味があること、自分の好きなこと、給料が多いところなどと答えていました。

しかし、専務はこのように答えました。

自分の好きなことや興味のあることをしていても仕事にならないし、それではアマチュアだ。相手がいて初めて仕事は成り立つのだからどんな人に役に立ちたいかを考えて仕事を選びなさい。

 

この言葉を聞いた時に、今まで自分のことしか考えてなかったということに気づかされ新しい視点を持つことができるようになりました。

以前固定観念を持って物事を見ることは自分の考えを狭めてしまうという記事を書いた時にも思いましたが、いろんな視点から物事を見るのは大事だなと思いました。

このほかにも、懇親会などで話した社長さんの話や参加した学生の交流の中で色々な刺激を受けたり、新しい知識を増やすことができたのでイベントに参加してよかったなと思っています。

まとめ

学生に福井の中小企業を知ってもらい、経営者とお話しして貴重な体験をするという点が非常にトキカクがやろうとしていることと似ていたので今後の参考になりました。

今後、色々な企画をしていくと思いますが、福井の学生に少しでも地元の中小企業を知ってもらうためにこれからもがんばっていこうと思います!

コメントを残す

*